メインイメージ画像

良い日はいつなのか?結婚式の日取りの決め方について

人生で最大のイベントともいえるのが結婚式です。特に女性ですと純白のドレスを着て、バージンロードを歩くことが夢だった人も多くいます。

そんな結婚式なのですが、いつ式を挙げるのか、日程の決め方について見ていきます。まず結婚式というものは自分たちが結婚したことをお世話になった人たちへお披露目する場所であり、新郎新婦は主賓である前にあくまでももてなす立場です。そのため結婚式のスケジュールは新郎新婦の予定はもちろんですが、参列者の予定も頭に入れて決めなければなりません。



例えば会社勤めの際、会社が忙しい時期の結婚式は不都合になるので避けた方がよいです。それに大型連休やGW、年末年始等も避けた方がいい時期です。こうして日程だけでなく、例えば真夏や真冬等の季節が厳しい時期も避けた方が無難です。また早朝や夜間の時間帯も参列者に負担がかかるため、辞めた方が無難です。そういった事を考えて、季節的には春や秋が好ましく、時間帯は午前?午後のあたりが人気あります。

その他にも勤務している会社のイベントや行事がバッティングする際や繁忙期は避けるべきです。他にも暦の上での日取りも重要になってきます。よく結婚式には大安が良いと伝えられており、年配の親後さんなどこだわる人も多くいます。しかし現在では暦の上での大安よりも、参列者の事情を考えて土日祝の日取りを重視する傾向もあります。暦の上では仏滅は結婚式に向いていないけれど、式を挙げる人もいます。

大安以外にも友引も人気です。

上記のように、新郎新婦や親族の都合を考慮し、季節や天候を考慮し、暦を考慮し、その上で結婚式場の都合で空いている日取りを選ぶとなると選択肢はおのずと限られてきます。ですので、まずは式場を決めて、予約を取るべきです。ただ日取りをリザーブするとキャンセルの際に料金発生等が起こる状況もあるので、そのあたりは注意して決めるようにしてください。